二十歳の樹里

一年ぶりにテイネに来てくれた樹里と一年前はお腹の中にいたりのちゃん。

二十歳の樹里は相変わらず綺麗で男はいらないと豪語しながら子育て真っ最中。

一緒にハルも来て就職が決まった事を報告してくれた。

ブライダルの仕事着くと婚期が遅れるって言ってた。

私が岡村で二度と同じ仕事は出来ないと思った子ども達。

その時は、クソババ〜!とひどい言われようだったけれど

こうして時間が過ぎて中学卒業して5年が経ち、

退職して2年が過ぎて行く中で思うことは、

時間がかからないと分からない事ばかりだって事。

この子たちを幸せにしたいとたいそうな事を思ってやっていたけれど

幸せにさせてもらってるのは私じゃないのか?

むしろ彼女たちが私に喜びを届けてくれている。

樹里の小さなりのちゃんの透明な瞳に映る私

ハルが岡村のゆばーばでちゅよーって言ってたな。

f:id:cafeteine:20170318194847j:plain